2019.09.09 ティール組織について見落とされていること

日記
ティール組織について見落とされていること
カテゴリー: 日記
2018年1月に『ティール組織』が出版され、日本ではティールブームが起こりました。

最近では、「ティールコンサル」を名乗る方も出始めているそうで、「ティール組織化する」ことを目指そう/目指させようという動きが組織の現場では起きているように思います。

しかし、そこには見落とされているものがあるように思えてなりません。

著者であるフレデリック・ラルー氏は書籍の中で、「一人のミドル・マネージャーが自分の担当部署でティール組織的な慣行を導入することは可能でしょうか?」と質問されると、「『無駄な努力はやめたほうがよいですよ』と答えることにしている」と明言しています。

それは経営トップと組織のオーナーの世界観だけが組織の運命を左右するからだと。

ティール組織の元になっているのは、ケン・ウイルバーの提唱するインテグラル理論で表されている発達段階なのですが、そのことから、このラルー氏の回答の意味が見えてきます。

ラルー氏は、「こういう組織構造にすれば、ティールになれる」とは基本的に言っておらず、「ある発達段階にたどり着いた人たちは、こんな組織を創りがちだ」という傾向を実例を挙げているにすぎないのです。

とりわけその組織のトップとオーナーがティール段階以上の発達段階に到達できていなければ、ティール組織は創れないと明言しています。

ティール組織では、組織のメタファを「生命体」として捉えていると言われていますが、その発達段階にいる人達は、「組織を生命体に『なぞらえて』見ている」のではなく、「組織が『実際に』生命体に見えている」という違いがあります。

この点についてラルー氏は書籍の中で、「あなたは自分の組織がどうありたいと願っているのかに耳を傾けられるだろうか?」と投げかけています。

ティール段階以降にたどり着いた人の特徴として、「ヴィジョン・ロジック」という直感的に全体把握できる力が発揮されるようになります。これは論理の積み上げによって全体を理解するのではなく、直観で把握できる力です。

正解が見えづらく、物事が複雑に絡み合っている現代においては、どれだけ正確な答えに思えたとしても、論理の積み上げによる意思決定は何かしら限界を抱えます。

その意味で、感性と理性の統合はますます重要になってくると言えるでしょう。

そして、それは組織においては活動単位となるチーム自体が直観力を高め、組織の存在目的に耳を傾ける力が問われることを意味しているのだと思います。

ビジョンインテグレーションアプローチイントロセッションでは、複雑性の高い時代において求められる新しいリテラシーとチーム直観力向上をサポートするリーダーシップについてご紹介いたします。

「チーム直観力を高める」、「感性と理性の組織的な統合」、「U理論とインテグラル理論」といったテーマにピンと来られた方はどうぞ奮ってご参加ください。

【参加者の声】
「ファシリテーションに求められている質が変化している。その背景を非常に学べました」(木村江志様)

「問題解決をしようと思うなら、出来るというエゴを手放して進めることが重要なのではないかと気が付いた」(40代 男性 経営者)

「想いというか、愛があるからこそ対立になっていることが結構多いなと耳が痛くなりました。対立を生み出しているのが自分自身の意識に大きく影響していると思いました」(20代 女性 コンサルタント)

「自分の価値観や成功体験に囚われることで、問題の解決を困難にさせていることがわかった」(匿名希望 男性)

「問題の捉え方について新たな見方が得られると知人に紹介したい」(30代 男性 コンサルタント)

「複雑な問題に対して人間は仮説(原因や対策)を持たずにはいられない本能が対立の起源なんだと納得・・・」(30代 女性)

「自分のモヤモヤとした不安がある意味クリアに(・・・というのは不安を顕在化)できました。不安が晴れたというわけではありませんが・・。」(40代 会社員)

「多くの気づきを得て言葉にしにくいです。火を消そうとして油を注いでしまっているかもしれないことに気付けてよかったです」(40代 女性 フリーランス)

「イノベーション創発のメカニズムとの類似性を感じました」(40代 男性 会社役員)
2019/9/25 19:00開催

https://peatix.com/event/706810

2019/10/17 19:00開催

https://peatix.com/event/706873

Page Top