褒めることと承認の本質的な違いとは?

2016年11月6日​ 中土井 僚「日々是内省」 「褒めないとやる気をなくすし、褒めたら褒めたで調子に乗るし、どうしていいのかわからなくなります」

こんな声をミドルマネージャーの方からよく伺います。

特に優秀なプレーヤーだったからこそ、マネージャーに昇格した人にとって見ると、その人の基準から見て褒めるに値するレベルではない部下に対して褒めようとするのは大変な苦労だと思いますし、何とか褒めたら褒めたで絶対的に何かが足りないのにいい気になられると癪に障るのも無理はありません。

そうした「褒める苦しみ」にはまり込んでいる人の多くは、「褒める」ことと「承認」の本質的な違いが区別できていないケースが多いように思われます。


「承認」という言葉は英語の”acknowledgment” の役で、カウンセリングやコーチングといった対人援助職の中ではスキルとしてトレーニングされています。


スキルとしてトレーニングされるためか、対人援助職 に就いている方の中でも「褒める」こととの混同が生じていることがあります。

「褒められる」と悪い気はせず、嬉しい気持ちになりやすいものですが、時には馬鹿にされる感じも生じえます。 そして、「褒められる」ことによるモチベーションの向上は一時期的なものになりがちです。


それに対して、「承認される」ことは、生きる喜びに繋がりやすく、時には一生を通しての人生の土台となることもあり得ます。


「褒める」ことと「承認」の本質的な違いは、いったいどこにあるのでしょうか?


このテーマに対する考察を、明日(2016/11/7)19時に配信いたしますLINE@(LINEのメルマガ版)でご紹介させていただきます。

ご興味のある方で、まだ登録がお済みでない方はぜひ、お願いいたします。

ご登録は・・・ スマホでこのメッセージを閲覧されている方はこちらをクリックして、確認ボタンを押すだけで大丈夫です。 http://line.me/ti/p/@ucn6882s 今、パソコンで開いている場合はスマホで LINEを開いて @ucn6882s をID(@マーク含む)検索していただけましたら登録完了になります。

企業における成人発達の意義と罠とは?

2021年6月21日 お知らせ 【企業における成人発達の意義と罠とは?】 2021/07/29 18:30から、日本における成人発達理論の第一人者である加藤洋平さんと対談をさせていただくことになりました。 私自身、加藤さんの下で成人発達理論について約2年前から学ばせていただいておりますが、知れば知るほど奥深く、かつ自分自身がこれまで取り組んできたこと、手がけていきたいと思っていることと成人発

新型コロナウィルス感染症の対策/今後のオープンセミナー実施について

2021年5月14日​ お知らせ 今後の対応について(2021年5月14日現在) 日本国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大状況を鑑み、当社では、今後のオープンセミナー実施について、以下のように対応いたします。なお、今後も状況を踏まえながら、対応について慎重に検討し、随時情報を更新してまいります。 <方針> セミナー会場の状況、プログラム内容、参加人数を鑑み、各セミナーごとに

時代が求める『本質』とはいったい何か?

2021年3月24日​ 中土井 僚「日々是内省」 2021年の幕開けとともに、首都圏他一部の地域で発出された2度目の緊急事態宣言がようやく解除されました。感染再拡大(リバウンド)に対する警戒など、依然として予断を許さない状況は続きますが、一方でワクチン接種の準備が始まるなど、アフターコロナへとフェーズ移行が生まれつつあるのを感じます。 「コロナからいかに身を守るか」、「コロナはいつ終息するのか」と