2023年1月28日(土)自己組織化チーミング手法「SOUNDメソッド®」 SOUNDコーチ養成講座 初級編 6期

更新日:11月7日

「心理的安全性」だけでは満たせないチームパフォーマンスを可能に

 

チームが機能する状態をつくるには何が必要でしょうか?


チームを率いるリーダーの“リーダーシップ”が極めて重要な要素であることは間違いありません。しかし、変化の激しい今の時代にリーダーが奮闘するだけでチームを変えていくことは難しいものです。

チームが機能していくためには、チーム全体で“チーミングシップ”を獲得していくことが求められます。単に心理的安全性を高めるだけではなく、一人ひとりがチームへの当事者意識やタスクへの自己効力感を高めていけるプロセスが必要です。

自己組織化チーミング手法「SOUNDメソッド®」は、“チーミングシップ”を高めていくための体系化された対話とマネジメントの手法です。変化が激しく先行き不透明な状況下でも、チームメンバーが目的や意義を共有・合意し、チームとして共進化(Co-Evolve)していくことを可能にします。チームのビジョン共有から、プロジェクト推進、キックオフミーティング、1on1ミーティングまで、幅広いシーンで活用できる汎用性の高い対話のメソッドです。

本コースは、自己組織化チーミング手法「SOUNDメソッド®」のベースとなる考え方やメソッドの全体像を知る1日コースで、ひと月後にオンラインでフォローアップの時間もあります。 主に「SOUNDカード」を活用した対話の場づくりを体験することで、SOUNDメソッド®の本質的な価値やミーティングファシリテーションのマインドセットを掴んでいただきます。加えて、チームマネジメントやチームミーティングに応用できる具体的なノウハウもお伝えしていきます。



【セミナーを受講する効果】

  • 激動の時代におけるプランニングとチーム運営の新しいパラダイムについての新たな視座が得られている

  • いつ何時であっても未来を見据えた協働を繰り出し続ける方法論についての理解が得られている

  • SOUNDカードを使ったセッションの実施ができるようになっている


 

開催概要


メソッドインストールセッション(終日セッション)

開催日   2023年1月28日[土]

開催時間  10:00~18:30 (受付開始:9:45~)


会場 KFC Hall&Rooms

      東京都墨田区横網1-6-1   



★★コーディネートセッション(フォローアップ) 

開催日   2023年2月28日[火]

開催時間  19:30~22:00


開催方法 オンライン

    


参加費   55,000円(税込)※2回のセッションとSOUNDカード代も含む


定員    20名


備考    講座での探求を深めるために事前課題の実施をお願いしております。

      予めご了承くださいませ。


講師    永野 直樹・岩崎 真也・伊藤 隆慶



◎参加お申込みはこちらから:


 

キャンセル 返金金額


実施1ヶ月前まで お振込みいただいた参加費全額-銀行振込み手数料

実施3週間前まで お振込みいただいた参加費の80%-銀行振込み手数料

実施2週間前まで お振込みいただいた参加費の50%-銀行振込み手数料

実施1週間前まで お振込みいただいた参加費の30%-銀行振込み手数料

実施1週間以内キャンセル  返金はございませんのでご了承ください

チームの共進化を可能とする「SOUNDメソッド®」体験会 ~SOUNDカードで実現するチームのビジョンマネジメント~ ■こんなお悩みや問題意識をお持ちではありませんか? 報連相が出来ていれば発生しないようなトラブルや、メンバーの急な体調不良/離職など、以前に比べると後手後手の対応となっている。 会議では、前例に従った意思決定や、”声の大きな人”の発言が通り、率直な意見・指摘を口にしづらい状態になっ

「リーダーシップ」という言葉を聞いた時、カリスマ性や有無を言わせない力強さによって周囲を引っ張っていくブルドーザーのようなイメージを抱く人も少なからずいるのではないでしょうか? こうしたブルドーザー型リーダーシップは、危機的な状況から脱するときには依然として必要になるスタイルです。しかし、変化が激しく、複雑性の高い現代においては、一部のリーダーだけが答えを持っていることは稀な上に、たとえ一部のカリ

「進化する協働」で当事者意識と視座を高めるチーミング ~心理的安全性の次に来る新しいパラダイムとは?~ こんなお悩みや問題意識をお持ちではありませんか? 心理的安全性は必要だとは思うものの、単なる流行りにしか思えず、チームビルディングや関係の質を高めるようなテーマにしか聞こえない。 エース人材の離職が止まらない。それを食い止めるだけの余力や能力をマネジメント側が持ち合わせているように見えず、人材流