top of page

こちらの講座は開始しておりますので、      次回開催情報をお待ちください。          2024年4月13日-2024年11月17日【対面開催】リーダーシップ・シフト プログラム ジャーニーコース13期

更新日:4月15日

「あなたがなぜ生まれてきたのかを知る日」と出逢い、それを生きる。


 

人生で最も大切な日は二つある。一つはあなたが生まれた日であり、 もう一つはあなたがなぜ、生まれたのかを知った日である。

マーク・トゥエイン この地球上には70億を超える『人』が存在しています。100歳を超えるまで生きている人もいれば、生まれてすぐ亡くなってしまう人もいます。その人々の中で、いったい何人の人たちが人生で最も大切なもう一日を迎えることができているのでしょうか?

その日を迎えることが出来る人と、出来ない人の差はいったい何なのでしょうか?

そして、そもそもなぜ、私たちは自分がなぜ、生まれてきたのかを知らないのでしょうか?

その人生の深淵なる謎に向き合い始めた時、いくつもの「逆説」と「混沌」が待ち受けています。

その先にある真実の中に、あなたが本当に生きたかったあなたの姿を浮き彫りにし始めます。

「あなた」という人生最大の謎に挑む旅。その旅がここから始まります。



【セミナーを受講する効果】

  • これまでの自分自身が立つことのなかった視座を発見し、新しいパフォーマンスの開きを生み出す

  • 時間や空間を超えるリーダーシップとは何かを体験できる

  • ありのままの自分を受け入れあい、ともに成長し続けられる仲間ができる

  • 自分が所属しているコミュニティや場に絶え間ない進化をもたらすリーダーシップが発揮されるようになる

  • 「今、ここ」を生きることと「可能性の未来」を実現することの両立を実感できるようになる



 

開催概要

当コースは、3つのリトリート(1泊2日×3回)、グループコー ル、ライフパーパスリーディングセッション、ホームワークに よって構成されています。



開催日  【1stリトリート】 2024年4/13~4/14

     【2ndリトリート】2024年7/20~7/21

     【3rdリトリート】 2024年11/16~11/17



会場    赤沢合宿所 @伊豆高原



参加費   通常価格: 440,000円(税込)

別途 宿泊先へのお支払いがございます。

     

    



定員    16名







◎当プログラムはリーダーシップ・シフト アドバンスコースを修了された方がご参加頂けます。

お申込み、お問い合わせは、事務局までご連絡のほどお願い申し上げます。




 

キャンセル 返金金額


実施1ヶ月前まで お振込みいただいた参加費全額-銀行振込み手数料

実施3週間前まで お振込みいただいた参加費の80%-銀行振込み手数料

実施2週間前まで お振込みいただいた参加費の50%-銀行振込み手数料

実施1週間前まで お振込みいただいた参加費の30%-銀行振込み手数料

実施1週間以内キャンセル  返金はございませんのでご了承ください




2024年6月19日(水)【オンライン開催】リーダーシップ・シフト プログラム エントリーコース

U理論に基づく画期的な意思決定法! リーダーシップシフトプログラムでは「U理論」をベースにして一人ひとりの可能性が拡大していくサポートをしています。 「U理論」は、過去の延長線上ではない変容やイノベーションを個人、ペア(1対1の関係)、チーム、組織、コミュニティ、社会のレベルで起こすための原理と実践の手法を明示した理論です。 エントリーコースでは、特に個人の“意思決定“という側面に対して「U理

2024年10月30日-2025年1月9日【対面開催】リーダーシップ・シフト プログラム アドバンスコース24期

「私たちは答えの見えない時代を生きている」 21世紀初頭に語られ始めたこの言葉は、20年の時を過ぎ、今や使い古されたうたい文句のように聞こえてしまうほどになりました。 変化の激しさが強調され、「変わらなければならない」というプレッシャーにさらされ続けた結果、そのアンチテーゼであるかのように「自分らしさ」が大事にされています。 「自分らしくあること」は、ストレスフリーなスタイルであるとして、それは「

2024年9月28日(土)自己組織化チーミング手法「SOUNDメソッド®」SOUNDコーチ養成講座初級編 16期

「心理的安全性」だけでは満たせないチームパフォーマンスを可能に チームが機能する状態をつくるには何が必要でしょうか? チームを率いるリーダーの“リーダーシップ”が極めて重要な要素であることは間違いありません。しかし、変化の激しい今の時代にリーダーが奮闘するだけでチームを変えていくことは難しいものです。 チームが機能していくためには、チーム全体で“チーミングシップ”を獲得していくことが求められます。

Comments


bottom of page