自己・組織・社会のあり方を根本から問い直す

U理論ワークショップ
入門編/傾聴編

banner_kojin03.png

実施形態:公開講座

所要時間:入門編/傾聴編いずれも2.5時間

テーマ :リーダーシップ/変革/傾聴

入門編:現代社会において、私たちに本当に求められているものとは?

昨日描いた計画が今日には変更を迫ってくるかのような、目まぐるしく変化し続ける現代社会において、私たちに本当に求められているものとは、何なのでしょうか?
その問いの答えに対するヒントとなるのが、マサチューセッツ工科大学上級講師であるオットーシャーマー氏が提唱している『U理論』(http://www.presencing.com/)です。
『U理論』は、従来のやり方が通用しない複雑な状況において、いかにイノベーションを引き起こし、新しい現実を創出していくのか、そのプロセスを提示してくれています。個人の変容にとどまらず、南アフリカのアパルトヘイト問題、コロンビアの内戦、アルゼンチンの再建など、複雑な社会問題を解決するプロジェクトにおいてもその手法は活用されています。

当セミナーでは、『U理論』の手引きとしてUの谷をくぐっていく各プロセスについて、簡単なワークや身近な事例をもとにご紹介させていただきます。まだ書籍を読まれていない方、これまでU理論についてまったく触れたことがない方でも、ご理解いただける構成となっておりますので、どなたでもお気軽にご参加いただけます。

  • 職場や家庭において変革を起こしていきたいという想いのある方

  • 新しい時代における、新しい世界を見出したいという想いのある方

  • U理論を日常生活に活かしていきたいとお考えの方

  • U理論をより深く理解したい方

  • U理論で説かれている各プロセスのセンスをつかみたい方

傾聴編:『ストーリー』に耳を傾けること、話すことでUの谷を降りる

U理論ワークショップ傾聴編では、ただ単にノウハウやテクニック等を知識として学ぶのではなく、参加者お一人お一人の『ストーリー(物語)』に触れることによって、自分自身が知らないうちに蓋をしていた「本当の想い」や「可能性」が呼び起こされ、これまでの延長線上には無かったような様々な選択や決断が生まれます。

そして、他人のストーリー(物語)に耳を傾ける過程で自分の中で沸き起こるVOJ(評価判断の声)、VOC(皮肉と諦めの声)、VOF(恐れの声)を体験し、それを乗り越えるセンスをつかんでいただけます。この3つの声にしっかりと向き合いながら、Uを降る体験が生まれるようにサポートさせていただきますので、理論の理解が深まるだけでなく、実際に何かしらの変化をもたらすことが可能となります。


本セミナーを受講いただくことで、

  • 本当の意味での”傾聴”と”内省”をプチ体験する事ができ、今までとは違う傾聴を見つけることができるとともに、

  • マスストーリーテリングという手法に基づき語り手の話を聴くだけではなく、聴き手同士、語り手と聴き手との間でも対話、共有していくことで、ご自身の中にある「本当の想い」や「可能性」が呼び起こされる感覚をご体験をいただけます。

参加者の声

「こういう社会になるといいなという世界観を体系立てて本質的に表現がされているような気がしています。もっと深く学んでみたいです。(入門編)」

「インタラクティブなセミナーで楽しかったです。U理論は全く無知でしたが、もう少し勉強して、過去には想像もできなかったような新たな人生を歩み出そうと思います。(入門編)」

​「相手への評価をダウンロードし、“聞いているつもり”になっていた。“(相手を変えるために)次に何を言おうか”を考えながら聞いていたと、自分の状態を客観的に評価する機会を持つことができました。(傾聴編)」

「深く聴くとはどういうことかを学ぶために参加しました。聴いてもらうことで自分では気づかなかった想いに触れることができました。貴重な体験でした。(傾聴編)」