20年の内省の末、たどりついたこと

2021年1月10日​ 中土井 僚「日々是内省」


私は、近くで働く仲間の気が滅入るくらいの、内省狂い(以前は内省オタクといってましたが、もはやその程度でもなく・・・)の人間ですが、ようやく自分の中でたどり着いた感があります。


元々、内省的な傾向はありましたが、2000年秋にコーチングに出会い、そこから内省の旅が本格的に始まり、自ら内省ツールを編み出しては、講座としても提供したりしておりました。


それこそ、自分が何者なのかのステートメントは、山のように作り、下手をすると1000本くらい作ってきたかもしれません。


私の中では、少しずつ言葉を紡いでいく作業のように感じられ、年月を経るにつけ、自分の中で「これだな」と思うものになっていっていました。


その言葉は、どれも全く違うものというより、同じ意味を成しているものばかりですが、わずかな言葉の言い回しで、自分の中で響き方が違ったりします。


ステートメントを創っていきながらも、私の中で、「Tシャツの胸にバシッとかけるくらい端的な言葉にたどり着きたい」という思いがあり、そこまでたどり着かないと本当の力が自分の中で宿らない感じがしていました。


で、この年末年始に散々内省し、ほぼ出来上がったところで、今日、言葉として完全に結晶化しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「その人本来の輝きが輝く世の中を作りたい」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私のことをよく知っていただいている方からしてみたら、「りょうさん、前からそうじゃないすか」と言われそうですが、私の中では、文字一つにまで昇華したというところが大きく、「カチッ」とはまった感があります。


この「カチッ」とはまった感覚がないために、どうしても時に「策士策に溺れる」ような感覚に陥ってしまったり、ちょっとしたところで、利己的な行動が生まれていたりしたのですが、この言葉に昇華したことで、すべての行動に迷いがなくなっていく感覚があります。


私はたまたま20年かかってしまいましたが、みんながみんなそんなに時間がかかるものだとは思っていませんので、「20年もかかるのかー」と気が滅入らないでいただきたいですが、私にとってみると、この年月がとても大切だったように思います。


一つ一つ言葉を紡ぎ、探し求めていたからこそ、私にとってはこれが嘘偽りのない思いだという感覚が持てるようになりました。

これまでの長い旅路に伴走してくれた仲間に心から感謝です。

企業における成人発達の意義と罠とは?

2021年6月21日 お知らせ 【企業における成人発達の意義と罠とは?】 2021/07/29 18:30から、日本における成人発達理論の第一人者である加藤洋平さんと対談をさせていただくことになりました。 私自身、加藤さんの下で成人発達理論について約2年前から学ばせていただいておりますが、知れば知るほど奥深く、かつ自分自身がこれまで取り組んできたこと、手がけていきたいと思っていることと成人発

新型コロナウィルス感染症の対策/今後のオープンセミナー実施について

2021年5月14日​ お知らせ 今後の対応について(2021年5月14日現在) 日本国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大状況を鑑み、当社では、今後のオープンセミナー実施について、以下のように対応いたします。なお、今後も状況を踏まえながら、対応について慎重に検討し、随時情報を更新してまいります。 <方針> セミナー会場の状況、プログラム内容、参加人数を鑑み、各セミナーごとに

時代が求める『本質』とはいったい何か?

2021年3月24日​ 中土井 僚「日々是内省」 2021年の幕開けとともに、首都圏他一部の地域で発出された2度目の緊急事態宣言がようやく解除されました。感染再拡大(リバウンド)に対する警戒など、依然として予断を許さない状況は続きますが、一方でワクチン接種の準備が始まるなど、アフターコロナへとフェーズ移行が生まれつつあるのを感じます。 「コロナからいかに身を守るか」、「コロナはいつ終息するのか」と